園芸

芝生


質問:芝生


太陽があるとき、芝生に水をまくことができますか?

回答:芝生


親愛なるマリオ、
芝生の水やりは早朝または夕方に行う必要があります。これは、特に夏に、日中に芝生に水をまくと、それを暖めるsc熱の太陽と暑い気候で、本質的に庭の熱のために水が蒸発するためです。したがって、一方では、ほとんどの水が土壌を濡らさずに蒸発するため、散水がそのすべての機能を効果的に果たすことはほとんどありません。反対に、蒸発する水は植物の周りの湿度を上昇させますが、温度も上昇させます。これが非常に高い場合、芝の苗の若い葉を実際に「煮沸」します。特に都会の家具の分野では、1日の最も暑い時間帯に正確に作動している灌漑システムを見かけることがあります。しかし、多くの場合、この1時間ごとの選択は、大都市ではすべての花壇に同時に水をまくことができないか、水の需要が急増するという事実によるものです。これに加えて、雨が非常に少ない状況では、1日に何度も芝生に水をまく必要があります。可能であれば、家の庭で、朝の最初の数時間、夏、または気候がまだ新鮮なときに水を飲むのが良いでしょう。植物を何時間も放置して水を吸収し、少量の水で土壌を完全に濡らすことができます。朝に本当に水をやることができない場合は、夏に芝生が何時間も暖かくても、太陽が沈んだ後でも夜にやるので、冷たい水で暖かい土を濡らしますその植物はあまり好きではありません。非常に暑い気候を特徴としない一年の期間には、いつでも水を飲むことができますが、早朝に水を飲む方が常に良いでしょう。