さらに

乾燥アーティチョーク抽出物


アーティチョーク植物とその抽出物


アーティチョークにはいくつかの種類があり、それらは花の色、強靭なとげの有無、および秋と春の品種に分けられた栽培サイクルによって区別されます。アーティチョークの植物は、古代の人々によって野生植物としてすでに知られていました。アーティチョークの国内栽培に達するには何世紀もかかり、イタリア、特に1世紀頃のシチリアで始まったようです。それでも、シチリアはサルデーニャやプーリアとともに、イタリアで最もアーティチョークを生産する地域の1つです。アーティチョークの最も広く知られている用途は料理用ですが、その抽出物は生物に有益な効果があり、薬理学の分野でも使用されています。キッチンでの使用に関しては、アーティチョークは低カロリーでダイエットダイエットに最適な食品であり、多様な種類の料理に適しています。一方、薬理学の分野では、生物、特に肝臓に多くの効果があるアーティチョーク抽出物が広く使用されています。アーティチョーク抽出物は、植物のさまざまな部分から入手できますが、最も使用されるのは、コーリンの葉から得られる乾燥したものです。乾燥アーティチョーク抽出物は、アーティチョークから抽出されたすべての抽出物の中で、最も多くの有益な効果を誇っています。通常、このタイプの抽出物はカプセルの形で販売されており、漢方薬やホメオパシー薬局で簡単に見つけることができます。

乾燥アーティチョーク抽出物の有効成分



アーティチョークに含まれるすべての物質は、植物抽出物に高濃度で含まれています。アーティチョークを構成する主な物質は水、炭水化物、繊維であり、それらの積極的な作用は特に腸に作用します。アーティチョークには、カリウム、ナトリウム、カルシウム、リンなどのさまざまなミネラルが含まれています。アーティチョークのビタミン含有量は非常に重要です。実際、植物にはビタミンB1、B3、Cが含まれています。ビタミンB1(チアミン)は、糖をエネルギーに変換するプロセスに関与するため、代謝に不可欠であり、ビタミンB3(ナイアシン)はその機能に重要な役割を果たします。ビタミンC(アスコルビン酸)は、コラーゲンの合成に関与しているため、免疫系と血管、骨、筋肉の強化に関連するさまざまな機能を実行します。しかし、アーティチョーク抽出物の治療効果は、特にシナリンやフラボノイドなどの二次代謝産物の存在によるものです。

乾燥アーティチョーク抽出物の有益な効果



アーティチョークには、体に積極的に作用する多くの物質が含まれており、多くの治療効果もあります。乾燥アーティチョーク抽出物の有益な効果の中で、まず第一に、これらの肝保護および抗酸化剤を覚えておく必要があります。実際、アーティチョークに含まれるシナリンは胆汁の分泌を刺激し、肝機能を保護するだけでなく、肝障害と戦う物質としても作用します。しかし、抗酸化効果と比較して、アーティチョーク抽出物は、フリーラジカルと戦うための優れた味方であり、フラボノイドの高濃度のおかげであなたの体を深刻な病気から保護します。乾燥アーティチョーク抽出物の別の効果は利尿作用です。実際、アーティチョークを構成する水の割合が高いと、毒素や過剰な液体の除去が促進されます。そうすることで、抽出物は生物全​​体に対して浄化力も持ちます。乾燥アーティチョーク抽出物には血糖降下作用もあり、インスリンとグルカゴンのバランスに積極的に作用します。この物質の別の治療効果は、胃装置、特に消化、および腸に関するものです。実際、非常に頻繁にアーティチョーク乾燥抽出物カプセルは、過敏性腸症候群のホメオパシー治療および消化不良の治療に使用されます。忘れてはならないのは、アーティチョーク抽出物が高コレステロールに苦しむ人々に与え、過剰なコレステロールの除去に作用することです。リストされたすべての能力のおかげで、アーティチョーク抽出物は、消化不良、高血糖、便秘とand、吐き気、嘔吐、食中毒の治療のためにホメオパシーで広く使用されています。最後に、その浄化効果のおかげで、特定の種類の皮膚炎やリウマチの治療にも使用されます。

乾燥アーティチョーク抽出物を使用する


通常、アーティチョーク抽出物に基づくホメオパシー薬は、1日に数回、かなり長い期間服用されます。しかし、アーティチョークの乾燥抽出物カプセルは、身体が特定の病状に苦しむ場合、すべての肯定的な効果が否定的なものに変わる可能性があるため、医師または薬剤師の指示に従って、細心の注意を払って使用する必要があります。たとえば、計算に苦しんでいる人にとっては、特に小さな胆管結石の場合は、それらを服用することを避ける方が良いことを知ることが重要です。この場合、実際には、乾燥アーティチョーク抽出物を摂取すると、胆道c痛を発症するという副作用が生じる可能性があります。