さらに

リラックスしたハーブティー


リラックスできるハーブティー


間違いなく、カモミールで作られたリラックスできるハーブティーは、カモミールが依然として薬草の女王であるため、他のどのハーブよりも優れています。しかし、治療効果のある他のハーブとの組み合わせは、さらに効果的な効果をもたらします。カモミールとリンデン、リラックス効果のある他の優れたハーブを混ぜることで、完全なリラクゼーション感を得ることができます。しかし、神経質状態の不安は、サンザシ、ミント、レモンバームなどのハーブで落ち着きます。ハーブは、ハーブ学者が愛するオフィシャルハーブです。

リラックスできるハーブティーの治療特性



ハーブティーの治療効果は、間違いなくすべてのハーブが準備されているわけではないハーブに依存しており、同じ特性を持っています。ヴァレリアーナ、トケイソウ、ラベンダーは、体に安らぎとリラックス感を与えることで最も素早く作用するハーブです。何よりも、神経系に直接作用することにより、不安状態から生じる不快な頻脈を鎮静化します。消化器系に問題を引き起こす非常に一般的なタイプの緊張があります。この場合、レモンバームまたはイチジクを使用することをお勧めします。一方、不眠症や夜間の緊張に苦しんでいる場合は、バレリアンまたはオレンジの花を使用する必要があります。特にあなたの効率を示すことが重要であり、あなたに対する雇用主の評価に関して逆効果となるような深い不満の状態を決して示さないことが重要な作業分野では、わずかなうつ病に似た障害を経験することがあります。この場合、ハーブティーは、すぐに気分が良くなるわずかな幸福感を与えることで、悲しみの症状に対抗します。

リラックスできるハーブティーの作り方


薬草店やスーパーマーケットでハーブティーを購入する必要はありません。スーパーマーケットでは、特別な小袋に包んで販売していますが、自宅で準備することもできます。重要なことは、あなたが田舎を歩いている間に収集され、その後、注意と事実の知識で乾燥されるハーブの知識を持つことです。乾燥したら、薬用ハーブは、殺菌した後、または紙袋に入れて、しっかりと密封されたガラス瓶に保管する必要があります。乾燥した薬用ハーブは6ヶ月の期間があり、この時間の後、彼らは治癒の美徳の大部分を失います。用量はハーブあたり5グラムで、100グラムのお湯を注がなければならないカップに入れる必要があります。水が冷めるまでハーブティーを休ませてから、飲みましょう。蜂蜜は、特に生の場合は皮膚軟化作用があるため、飲み物を砂糖ではなくリンゴで甘くすることが重要です。ハーブティーは、必要が生じたとき、特に神経質になったとき、そして寝るのに苦労したときに飲むべきです。今日、ハーブティーは大衆に使用されているため、買い物をする通常のスーパーマーケットでも簡単に販売されています。それらはすでに混合されており、すぐに使用できるので、漢方薬に行く必要さえありません。サシェ、お湯を入れるカップに注ぐだけです...しかし、包装がハーブが十分に保存されているかどうかを確認してください。そうでなければ、ハーブは治療力の一部を失います。ハーブは6か月後に有効性を失い、さらに信頼できるブランドのハーブティーを常に購入するため、有効期限をよく見てください。

リラックスできるハーブティーで温かいお風呂を準備する


リラックスしたハーブティーが神経質に作用し、それをすすりながら、神経質を落ち着かせ、体に適切な膨満感を与えることができることを見てきました。ただし、お湯でハーブティーを使用する場合は、ハーブティーを使用してリラックスしたりリラックスできるバスを準備することもできます。水は、皮膚上で滑ると、清潔感を与えるだけでなく、血液循環と容易になだめられる神経系にも影響を与えます。ハーブティーは、サンザシ、カモミール、レモンバーム、オレンジの花などの必要なハーブの一部あたり15グラムで準備されます。それらの上に1リットルの沸騰した水を注ぎ、それを適度に休ませた後、温水で満たされた浴槽に移します。これを行うには、少なくとも6袋のハーブティーをパッケージに入れて購入します。効果は保証されており、正確に15分後にすぐに気分が良くなり、リラックスし始め、悪夢のない静かな夜をお楽しみいただけます。