アパートの花


アパートメントの花


アパートの顕花植物は、一般に常緑植物であり、屋内の生活条件に著しく適応します。
これは、日光への間接的な露出、根の拡大の限られた可能性、汚染物質の可能性、気候の変化を意味します。
したがって、これらの植物はかなり堅牢であり、顕著な適応性を備えています。
それらを大きな鉢に入れ、定期的に土壌を肥やすことをお勧めします。散水に関しては、しばしば、水停滞の損傷を避けるために、または受け皿に粗い砂利を提供するために、葉を噴霧することが好ましい。

クンシラン属



それは非常に肉質の根茎の根を持つ常緑植物で、そこから中型の茶色がかった緑の茎が立てられます。
葉はリボンのように非常に長く(1メートルまで達することができます)、濃い緑色で、種によって光沢のあるまたは不透明な外観を呈します。
花は非常に大きく、漏斗のような外観と管状の形状を持ち、種に応じて直立または落下します。
彼らは黄色からオレンジ、赤に変わる美しく強烈な色を持っています。
開花は数日間続きます。
それらは、樹皮が豊富に含まれている可能性のある、コンパクトで砂の多い排水された土壌を必要とします。
明るくて暑すぎない環境を好み、ドラフトを恐れます。
暖かい月には水やりを頻繁に(2日ごと)行う必要がありますが、寒い月には葉を噴霧してソーサーを湿らせておけば十分です。
植物の成長に不可欠な窒素、銅、鉄、マグネシウムを含む液体肥料で植物を頻繁に(少なくとも週に1回)施肥することが重要です。

Guzmania



それは着生の観賞用の常緑植物です。つまり、栄養を吸収する別の植物を犠牲にしてライフサイクルを発達させます。
中型の草本の茎と緑がかった茶色をしています。
葉は丈夫で長く、披針形であり、水が溜まる明らかな中央空洞を持つ先端のロゼットを形成します。
花は管状、目立たない、オレンジまたは赤です。
適度に酸性の土壌を必要とし、砂が豊富で(排水を促進するため)、泥炭、場合によってはシダの根や松の針が細断されています。
間接的に光にさらされる温かい環境(15度以下)と湿度の高い環境を好みます。
水の停滞を避けるために砂利を提供した後、クラウンスプレーで散水を交互に行い、受け皿を常に濡れた状態に保つことをお勧めします。
液体肥料を使用して少なくとも月に1回は植物に施肥することをお勧めします

Sanseveria


根茎の根を持つ観賞用の常緑植物です。
葉は披針形をしていて、平らまたは円筒形で、狭くて薄く、革のような外観と濃い緑色をしています。
長さは1メートル、幅は30 cmです。
花は小さく、白く、緑がかっており、非常に香り高いスパイクの花序に集まっています。
泥炭、砂、砂利で強化されている可能性のある、硬くて排水の良い土壌が必要です。
光源に直接さらさない方が望ましい場合でも、多くの光を現像する必要があります。
高温が大好きで、温度が10度未満の環境には絶対に入らないでください。
散水で超過しないことをお勧めします。1ヶ月あたり最大2回。葉を湿った布で洗い、頻繁に噴霧することは非常に便利です。
液体肥料を使用して、2か月に1回程度施肥を行う必要があります。

Afelandra


それはかなりの高さの常緑植物です:60 cmまで。
それは暗褐色の肉質の茎を持っています。
葉は大きく、光沢があり、楕円形で、縁が連続しており、種類によって淡緑色または暗色で、白または黄色の静脈があります。
花は管状の形をしており、スパイクの花序に集まっており、黄色いbがオレンジ色になりやすい。
腐植、泥炭、砂で強化された軽く排水の良い土壌が必要です。
たとえ日光に直接さらされることを恐れていても、非常に明るい環境を好みます。
温暖な気候が好きで、低温を強く恐れているため、冬の間は温室で修理することをお勧めします。理想的な温度は18〜27度です。
水の停滞が根を損傷する可能性があるため、土壌を浸すことなく、定期的に水をやります。したがって、葉にスプレーするのが便利です。
植物に液体肥料を少なくとも月に2回施肥することをお勧めします。

アパートからの花:ポトス



観賞用の常緑植物で、ぶら下がります。
それはかなりの長さの薄くて草本の茎を持っています。
葉は楕円形で、ハート型で、光沢があり、硬く、淡い緑色または淡い縞のある濃い色のワックス状のマトリックスで覆われています。
花は小さく、目立たず、植物のライフサイクル中にめったに生まれません。
泥炭と砂で強化された、軽く、多孔質で、水はけの良い土壌が必要です。
非常に明るい場所で露光する必要があります。光が不足しているため、その特有の特性である縞模様の出現を防ぐことができます。
ただし、日光への直接暴露は避けてください。
夏には頻繁に(2日ごとに)水やりをしなければなりません。葉が豊富に蒸発し、小石受け皿が濡れたままになります。
液体肥料による施肥が推奨されます。