紙の花の作り方


紙の花の作り方


紙の花の作成は非常に簡単です。数枚の紙、ハサミ、そしてある程度の手作業が必要です。

彼らは何ですか?


紙の花は見るのがとても楽しい装飾品です。また、古典的な新鮮な花の代わりに配ることもできます。実際、それらは乾かないだけでなく、変化しません。花を与えることは常に非常に歓迎されるジェスチャーであり、それが手作業で行われる場合、自分で何かを達成することに一定のプライドもあります。必要なのは単純な紙のシートで、つぼみや花冠の作成を開始します。あらゆる種類の紙を使用できますが、用途に応じて異なる効果が得られます。紙の花は家にとって非常に快適な装飾品でもあり、花瓶に集めたり、壁に本物の花飾りとして掛けることができます。

さまざまな種類の花の作り方



このペーパーは非常に簡単に作成でき、あらゆる種類の花をゼロから作成するための少しの創造性があります。最も単純なモデルは確かにバラのつぼみです。赤い正方形のカードを手に入れ、中心から始めて鉛筆でらせんを描きます。カードのサイズに応じて、多かれ少なかれ大きな芽が現れます。最初の数回は、古新聞やギフト用包装紙からリサイクルされた良いカードでもあります。 Once化が完了したら、スパイラルを最後まで完了する限り、非常に正確であることは重要ではありません。図面に沿ってカットする必要があります。太くて長いフィラメントのようなものが得られます。最も薄い部分から始めて、紙はそれ自体の上に丸められます。つぼみをさらにリアルにしようとするには、紙をさまざまなレベルに回転させてずらす必要があります。最後に、少し熱い接着剤を使用してすべてを閉じる必要があります。この技術を使用すると、多くのバラのつぼみを作成できます。おそらく、乾燥した枝の近くに接着して、非常に美しいフラワーアレンジメントを作成できます。作るのが非常に簡単な別のタイプの花はヒマワリです。本物と非常によく似たひまわりを作るコツは、茶色または濃いオレンジ色のひもを使って中央の雌しべを作ることです。サイズの異なるフィラメントをカットしたら、花びらと同じ色の背景に接着して、3次元の光学効果を作成します。花びらの場合は、テンプレートの形状を使用してから操作を数回繰り返します。一方、茎の場合は、ワイヤーを使用して緑のクレープ紙で覆うか、葉のない木製の棒でさえもできます。最後に、おそらくスイカを家具の一部として家具として使用するために構築できます。葉には小さな緑色の紙を、花びらには白い紙を使用すれば十分です。たぶん、ペイントを使って、切り取った形の縁の輪郭を描いて、花に反射を与えることができます。

リサイクル紙の花



紙やカードを購入する必要はありません。また、家の中にすでにある材料をゼロのコストで使用することもできます。古い雑誌や新聞は、紙で立体的な壁の装飾を作成するのに適した素材です。たとえば、完全に白い壁がある場合は、新聞を壁に掛けて花を作って装飾を作成できます。
たとえば、複合花を作成して、個々の花びらを作成し、それらを結合することができます。花びらの場合、円を切り取り、半分に折ります。半月の両端は、粘着テープまたは接着剤で固定する必要があります。結果は、一種のドロップ型の花びらになります。 5枚の花びらができたら、あとは壁に固定するだけです。最終的な効果は非常に美しくエレガントです。主に、雑誌や新聞の執筆が完全に白い背景で際立っており、活気のある空間であると同時に洗練されたモダンなアイデアをもたらします。

子供向けのゲーム



子どもたちが創造的で手作業のスキルを伸ばすのを助けるために、子どもたちに教えて、紙の花を作ることができます。ハサミを使用するのはもちろん、複雑な構図を作成する必要はなく、シンプルなクレープ紙と花を貼るポスターだけを使用します。クレープ紙は非常に弾力性があり、柔軟性があります。素材は陽気で楽しい色をしているため、子供たちに非常に愛されています。手で小さい方がシートを引き裂いてカールさせるか、しわが寄って、花冠にたくさんの花びらを作ります。粘着テープまたはビニール接着剤を使用して、さまざまな部品を結合し、最後に茎のようにプラスチック製のストローを結びます。創造性を自由に保つために、子供たちは紙に色を塗ったり、複数のシートを一緒に使用して新しい色の組み合わせを作成したりすることもできます。紙は水に浸されると多孔質になり、色あせがちになり、異なる色のシートを結合すると新しいニュアンスに命が吹き込まれます。