さらに

アーティチョークハーブティー


アーティチョークハーブティー


生物にとって有益なハーブティーに命を吹き込むために使用できるさまざまな種類の食品、植物、スパイスの中には、非常においしい野菜であるアーティチョークがあります。そのため、すでに知られている医療分野で素晴らしい特性を誇るキッチンで広く使用されています。ギリシャとローマ時代。
台所のように、漢方薬でも使用される部分は、この野菜の多くの薬効成分が由来する物質であるシナリンの濃度が最も高いアーティチョークの葉です。アーティチョークに含まれる他の原理は、フラボノイド、イヌリン、特にカリウムやマグネシウムなどのミネラル塩です。
学名がCynara scolymus L.であるアーティチョークは、とりわけ地中海、特にイタリア、フランス、スペインで栽培されているキク科の草本植物です。この野菜は古くから料理や民間薬に使用されてきましたが、今日では薬理学分野でもその有益な特性が活用されています。

アーティチョークのハーブティーは、体の浄化に特に効果的です。実際、アーティチョークの葉は腹部膨満との戦い、腸のper動運動の促進、肝臓の解毒に役立ちます。特に、アーティチョークの肝保護能力は、アルコール中毒の場合に非常に有用です。アーティチョークは、利尿作用のおかげで血中のアルコールの存在を減らし、エタノールの代謝を増加させることができます。アーティチョークは胆汁の分泌にも役立ち、医学的研究により、この野菜を定期的に摂取すると、通常のレベルと比較して胆汁の流れを最大90%増加できることが示されています。また、非常に重要なのは、アーティチョークによって刺激され、フラボノイドとミネラル塩の存在によって可能になる利尿作用です。利尿に対するこの有益な作用は、腎臓を浄化するために非常に重要ですさらに、アーティチョークはコレステロールとトリグリセリドを低下させるのに非常に有用であるため、心臓血管系が正常かつ正常に機能し、一般的な病理の出現を防ぎます。アーティチョークハーブティー:使用上の警告


アーティチョークハーブティーの欠点の1つは、この野菜に典型的な非常に苦い味があることです。ハーブティーを蜂蜜や砂糖で甘くすることで簡単に改善できる欠点です。
胆石の影響を受ける人には、別の使用上の注意があります。これらの人にとっては、特に非常に小さな石が存在する場合は、この野菜が胆道c痛の外観を増加させる可能性があるため、アーティチョークの過剰摂取を控えることが良い断片化。
さらに、アーティチョークおよびそれから得られるハーブティーは、妊娠および授乳期の間、およびイヌリンアーティチョークの高い存在による腸内の細菌の過剰な発酵のすべての場合においても回避されるべきです。
最後に、この食物に対するアレルギーまたは不耐性のすべての場合にアーティチョークの注入を避けることです。