園芸

日本禅庭園


日本禅庭園


禅の庭は、日本文化の典型であり、水、石、植物の3つの特徴的な要素に触発されています。
その構造には、人間の永遠への旅のall話表現を再構築する目的があり、深い個人的な瞑想を前提としています。
3つの構成要素の異なる配置は、仏教徒の宗教文化との多くの接点を見つける精神的熟考の形式に由来します。
禅の庭はまた、時を経た生命力の流れを表しています。
一般に橋が交差する岩や水域(小川などの現在または現在)の存在に加えて、基本的な構成要素は植物で構成されており、常に特定の種でなければならず、常に目的を果たすために禅のセットアップ。

BAMBOO "



日本原産の常緑の観賞用植物であるため、禅庭に収容するのに特に適しています。
茎は最大20メートルの高さで、根茎の根から伸びており、円筒形で丈夫で柔軟で、滑らかで明るい緑色の領域が点在する明らかな結び目があります。
葉は細長く、披針形で、非常に薄く、草の葉に似ており、色は明るい緑色です。
泥炭と細かく刻まれた松の樹皮が存在するため肥沃な、深くて水はけの良い土壌が必要です。
日光に直接さらさないことが望ましい場合でも、庭の明るい場所に植える必要があります。
暖かく湿度の高い気候を好み、寒風を恐れます。
散水は頻繁に行い、豊富な天蓋の噴霧と交互に行う必要があります。
窒素が豊富な液体肥料を使用して、春と夏に少なくとも月に一度植物を施肥しなければなりません。

FERN



草本植物であり、種類によって常緑または半常緑であり、湿った日陰の地域によく生息し、禅庭園の準備に最適な用途があります。
中程度の高さ(最大1メートル)の草本の茎が、明確な静脈が交差する濃い緑色のペナタまたはバイペナタのラミナの葉とともに出発する地下茎を示します。
彼らは、アーチ型またはぶら下がることができる細長い外観を持っています。
泥炭と砂で強化された、柔らかくて排水の良い土壌が必要です。
植物は、特に春と夏に豊富な水やりをしなければならず、湿度を一定に保つために、豊富な天蓋の噴霧と灌漑を交互に行います。
明るい場所での露出が必要ですが、暑すぎず、日陰と涼しさが大好きです。
徐放性肥料を使用して、少なくとも月に一度は施肥を行う必要があります。

MAPLE



落葉樹と落葉樹で、観賞用です。
高さ30〜40メートルの印象的で細長い幹があり、かなり急速な成長を特徴とし、多くの場合禅庭園で栽培されています。
葉は厚く、広く、丸い。
葉は、丸みを帯びた縁と歯の縁を備えた5つの葉を持つ、手のひら状または葉状の形をしています。
それらはサイズが大きく、上層のレベルで濃い緑色で、下層から白っぽい色です。
雌雄同体の花は、黄色がかった緑色のクラスターの形で花序に集まります。
果物はダブルサマラです。
それは、中性で決して酸性の成分を含まない、水はけのよい新鮮な土壌を必要とします。
植物は涼しい気候と日陰の場所が好きなので、特に晴れていない地域に収容する必要があります。
できれば成熟した肥料で、少なくとも2年に1回の施肥サイクルを実施する必要があります。

ERICA


多年生の低木植物で、素朴な品種で、順応性が高く、観賞用です。
枝分かれした茎があり、高さは最大1メートルです。
葉は小さく、針状で、青緑色で錆びやすい緑色です。
花は総状花序またはスパイクの花序に集められ、白または赤は紫になりやすい。
開花は7〜15度の穏やかな温度によって刺激されます。
涼しく換気の良い場所を好むので、太陽の間接光が大好きです。
それは、砂と泥炭と酸成分で強化された、柔らかく、水切りされ、換気された土壌を必要とします。石灰質土壌を許容しません。
散水してはなりませんが、できれば葉のレベルで散布し、ミネラル物質が豊富な肥料で少なくとも月に2回頻繁に施肥する必要があります。

日本の禅庭園:アザレア



種によって常緑または落葉性の開花植物です。
それは、40〜80 cmの高さの非常に枝分かれした細い半木質の茎を持っています。
葉は楕円形で細長く、革のような質感で、手触りが粗く、濃い緑色です。
花は枝の頂点に配置されたグループに集められ、白からピンク、赤までの鮮やかな色を示します。
それは有機物質が豊富な酸性成分(5.5のpH)で、柔らかくて水切りされた土壌を必要とします。
植物は、土壌中の水の停滞を恐れているため、噴霧で水やりする必要があり、好酸性植物用の特定の肥料で施肥する必要があります。