マンション

屋内人工植物


偽造植物の利点


現在の偽造屋内植物は、過去よりも優れた合成材料で作られており、無毒で不快な臭いがありません。外観をまったく変えずに、長年使用できるという利点があります。実際の植物と比較すると、偽の植物は時間と手入れを必要とせず、散水するべきではなく、特に初期購入費用のみが必要なため、長期的には安価です。スペースや照明を考慮する必要なく、あらゆる環境に適応しますが、何よりも目には非常に快適な家具です。ニーズに最適な植物を見つけ、家のスタイルに合わせて完璧な組み合わせを見つけ、この要素を実際のデザインオブジェクトにします。人工種のもう一つの間違いない利点は、選択の広大な種類と種類です。花の木があります。元の木とよく似た葉のような要素がありますが、場合によっては非常によく作られているため、実際のものと間違えられます。

最良の選択と購入



偽の植物は、自宅やオフィス内で占めるスペースを考慮して慎重に選択する必要があります。最終的な効果を正確に把握していない場合は、奇妙な色や花の部分のない、おそらく緑の色合いの非常に単純なものに焦点を合わせる必要があります。実際、ほとんどの場合、クラシックにとどまることは安全です。インテリアが広く、スペースに一定の自由度がある場合。偽の登山種を取ることができ、オリジナリティが少しでも装飾に最適です。たとえば、視覚効果に優れた常緑低木は、フィカスプミラとシダです。これらは非常に特殊な葉を持っているからです。開花低木を使用すると、形状や色の範囲も変更できます。実際、このタイプの植物は家の家具として適しています。リビングルームのテーブルや玄関に置くのに最適なランがあり、さまざまな色のバリエーションがあり、場合によっては家具と完全に一致するようにカスタマイズすることもできます。台所の棚に非常に特徴的な、あらゆる形状とサイズの白とピンクのベゴニアがあります。地上の人工植物の中には、ベンジャミノ、アルディシア、アレカ、盆栽や太いものなどのミニチュア植物はもちろんのこと、フィカスの多くの品種があります。一般に、さまざまな種の間の選択は常に非常に広く、配置を評価することだけが必要です。床の植物は壁やコーナーの近くに配置し、花を咲かせる植物はテーブルや机の上に配置し、ミニチュアのものは棚、棚、家具のほぼどこにでも、暖炉の上に配置できます。

屋内偽低木の販売



屋内の人工品種を販売する多くの専門店がありますが、多くの場合、苗床や花屋自体も専らまたはこの種の製品専用の縮小セクションを持っています。ただし、ライブショップでは、特に少数のオリジナルではない植物の種類のみを扱う場合は、選択肢がほとんどない場合があります。解決策は、このタイプのプラントのみを扱うサイトを見つけることができるインターネットにすることができます。場合によっては、利点は最も含まれるコストかもしれませんが、出荷時間と追加コストも常に評価する必要があります。今日のほとんどのサイトは、植物の非常に正確な写真で充実していますが、特に植物の大きさについての説明も読むことをお勧めします。一方、製品に触れてその仕上がりや詳細を確認することには、間違いなく利点があります。偽の品質の植物は、優れた非毒性で無臭の布地と合成材料でうまく処理する必要があります。特に開花植物に関しては、生地の素材が絹とオーガンザまたは単純なアクリルである場合、花びらの縫い目を見なければなりません。すべてはコストに依存しますが、高くなるほど、また植物の品質は高くなりますが、必ずしもそうではないため、見たり触ったりする方が常に良いのです。

屋内人工植物:クリーニング手順



これらはプラスチックまたは布地のオブジェクトであるため、これらの種は最小限の手入れが必要です。それらを清潔に保ち、湿気のある場所から遠ざけてください。過度の洗浄は、構造物に損傷を与え、構造物を劣化させたり、色を損なう可能性があります。マイクロファイバーまたは綿の布と、掃除機のアイロンまたはエアジェットからの蒸気を使用することをお勧めします。花の場合、デリケートな洗剤製品を使用したドライクリーニングも役立ちます。ほこりは何よりも隅に巣を作る傾向があり、そこでは簡単な食器タオルでは届きにくいので、これはドライクリーニングが理想的な解決策です。顕花植物をきれいにする自然な方法は、一般的な食卓塩を使用することです。ほんの少しの塩を花の上に置いて軽く振るだけです。この方法では、粉末が吸収され、除去されると残留物はありません。