サービス

2011年4月


イスキア2011年4月1日


ラモルテラガーデンズのオープン
4月1日木曜日、La Mortella Gardensが一般公開されました。島で最も示唆に富む場所の1つである、レディウォルトンと彼女の夫、イギリスの作曲家ウィリアムウォルトンによって作成されたイスキア島の有名な植物の宝石:見下ろすザロの岬Forioで。
ウォルトン夫人が最近3月21日に亡くなって以来、庭園が一般に公開されたのは初めてです。この痛みを伴う損失にもかかわらず、モルテラの活動の計画は通常どおり継続されます。実際、長年にわたり、レディ・ウォルトンは、彼女が作成したウィリアム・ウォルトンとラ・モルテラ財団に通い、庭園の完全な管理と文化プログラムの計画を行いました。したがって、庭園が再開するのは偉大な伝統の連続の兆候であり、すべての友人と賞賛者に、ウォルトン夫人によって世界に残された文化と美の遺産が常にこの忘れられない女性の意志に基づいて維持されることを保証します。
庭園は当初、1900年代の英国の偉大な風景画家の1人であるラッセルペイジによって設計されました。彼は偉大な作曲家の存在とレディスサナの植物情熱に触発され、ここで彼の最も有名で成功したプロジェクトの1つを作成しました。その後、ウォルトン夫人は、丘の全体を占めるように、敷地の下部のみを含む元の庭を拡張することにより、プロジェクトの開発を続けました。今日、ラモルテッラは約2ヘクタールに広がり、熱帯のスイレン、ハスの花、パピルスが豊富なプール、噴水、水路で装飾され、新鮮で豊かな環境を作り出しています。
庭は2つの大きなエリアに分かれています。下流の庭と丘の上の庭で、一連の梯子とテラスでつながっています。両方の部分は、障害者が個別にアクセスできます。
ラモルテッラには、オーストラリアとニュージーランドのシダ植物を含む数千の珍しい植物と多くの植物価値のコレクションがあり、バレーガーデン、ソテツ(サイカ、エンセファラルトス、ザミア)があちこちに植えられています。庭全体、ニュージーランドのメトロシデロスエクセルス、この時期に咲き始めるゼラニウムマドリエンスは、屋外、最も湿度の高い地域、温室の両方で見られる非常に多くのランです。

メラーノ2011年4月1日



4月1日、シシー庭園はトラウトマンスドルフ城-メラーノで再開し、10周年を祝います
開館から10年後の来場者数で2010年を記録したSissi Gardensは、イベント、新しいアトラクション、驚きに満ちたカレンダーで、次の4月1日にシーズンを再開します。今年の素晴らしいニュースの中で、私たちは新しいガイド、新しい開場時間、そして何よりも「植物の地下王国」の魅力に注目しています。
ボルツァーノ、2011年3月-メラーノのシシガーデンは4月1日に再開されます。最初の訪問者の香りと色の暴動を待っています:4月に130,000球以上が咲きます!その期間、チューリップ、水仙、アネモネ、ヒヤシンス、カマシアが咲き、コロネインペリアーリとイングリッシュブルーベルは、専門家の庭師によって秋に巧みに植えられ、訪問者に常に新しい息をのむような景色を提供しました。
2005年にイタリアで最も美しい公園として授与され、すでに世界中から300万人以上が訪れた庭園は、メラーノのすぐ外にある真の地上の楽園です。有名なトラウトマンスドルフ城の周りに12ヘクタールにわたって広がります。オーストリアの皇后であるシッシー(最近、女優のクリスティアナ・カポトンディがライ1のフィクションで解釈した)は、歩いて再生するのが大好きでした。平和と静けさのこれらの場所では、彼女が100年以上前にたどった道に沿って歩き、王女がどのように感じることができるかを想像することはまだ可能です。
シッシ庭園は、偉大なイタリア庭園の名門ネットワークの一部であり、ヨーロッパの文化的パス「ラストラーダディシッシ」のパートナーです。芸術と自然の融合により、トラウトマンスドルフ城の庭園は世界的にもユニークなアトラクションになり、南チロルで最も人気のある観光地となっています。
庭は、月ごとに季節ごとに外観が変わります!新しい花、香り、色が、秋の紅葉ショーにカーテンが落ちる晩秋まで風景を変えます。
シシィとツーリセウムの庭園の新しい時代:
4月1日から10月31日まで9.00から19.00
11月1日から15日まで9.00から17.00
6月、7月、8月の金曜日の午前9時から午後11時まで

マッジョーレ湖のキャメル


第14回ロカルノカメリー
2011年3月30日-4月3日
ショーだけでなく、本物のcame祭り。
2011年版のシルクの主人公。
ロカルノのパルコデッレカメリーは、有名な「Garden Of Excellence」ブランドを受賞しました。マッジョーレ湖のスイスの海岸にあるロカルノは、2011年3月30日から4月3日まで14回目のロカルノキャメリーを開催します。これは、ツバキ科に属する東洋起源の壮大な花に捧げられるヨーロッパで最も重要なイベントの1つです。 2011年版はシルクに捧げられます。
フェスティバルの概要
ロカルノは本当の祭りです。実際、展覧会は、切り取られたcameの豊かな展示(300以上、イベントの「科学的」な部分)だけでなく、スペースの準備に細心の注意を払ったこと、花飾りの豊富さ、そして確かに、最後になりましたが、昨年、国際カルメリア協会が受賞した名誉ある「Garden of Excellence」ブランドを目にしたロカルノ市の隣接するカメリア公園を訪れる可能性。
ザパーク、アトラクション
市内の最も美しいコーナーの1つ、美しい湖の岸にある自然主義地区に位置するParco delle Camelie Locarneseは、祭りの期間中、何百もの植物が咲き誇る最高の場所です。本当にユニークなショー。この構造は現在、世界中の花愛好家にとって魅力となっています。 2005年にロカルノで開催された世界カメリア会議の機会に発足し、その後数年で拡張されたこの公園は、10,000平方メートルを超える面積に広がる1000種類以下の種類のreceivesを受け入れています。水を備えた2つの池と近代的な教育パビリオンは、さらなる魅力の根拠です。
2011年版
いつものように、ロカルノ・キャメリーは、イベントの支点である科学展示会の準備に細心の注意を払っています。つまり、さまざまな種(ジャポニカ、レティクルタタなど)、雑種、栽培品種に分けられた300種類以上のツバキを展示する科学展示会です地域のさまざまな公園や私有庭園から来ています。
主催者は新しい展示コンセプトを発表します。展示会は、3つの異なる環境の作成によりさらに拡大され、互いに接続され、新しい張力構造と2つの大きな半球形の温室に分散されます。目標は、訪問者により多くの快適さを与えると同時に、個々の花の美しさを高めることです。
祭りの名誉のゲストはコモの教育シルク博物館、コモの重要なシルク産業の歴史的記憶の場所になります。コモを「シルクの街」として紹介し、1960年以降に深刻で不可逆的な変化を遂げたにもかかわらず、コモは重要な存在です。 1990年に一般公開されました。博物館では、ロカルノで展示される機械、オブジェクト、ドキュメント、サンプル、織物製造の作業道具など、コモの織物製造の伝統の証言を収集、保存、展示しています。


2011年4月9-10日ラッコニージ


ラッコニージ公園の王立温室に戻る
文化週間、2011年4月9日および10日
(2011年3月15日、ラッコニージ)-昨年、「イタリアで最も美しい公園」とイタリア統一150周年の名誉ある賞を受賞したラッコニージ城の公園で、9日に提案されます。 4月10日、今では伝統的なイベント「王室の温室に戻る」、庭園、菜園、果樹園の花cult文化のアポイントメント:マルガリアデルの名高い環境で花、植物、園芸工具の素晴らしい市場展示会ラッコニージ城。
花と植物、香草と薬草、庭の道具とアクセサリー、保存と栽培の道具が展示されます。最高のピエモンテの保育園では、蘭、ツツジ、シャクナゲ、ツバキ、山の植物と花、アジサイ、バラ、藤の品種、アヤメ、水生植物、牡丹、草本植物、多年生ケシ、日本アネモネ、ゼラニウムの最も美しいコレクションを展示します、芳香植物、薬用植物、鋳鉄製のガーデン家具、鉄、セラミック。ツールなどは、開催される環境のおかげで、比類のない展示会の設置となります。 Racconigi城の温室である「Return to the Royal Greenhouses」というイベントでは、19世紀半ばに、王室の庭園がヨーロッパで栽培されたさまざまな植物で最も有名だったように、主人公に戻ります。カルロアルベルトが望む壮大なネオゴシック様式の構造は、植物、庭園とテラスのツールとアクセサリー、芳香性の薬草、植物の保存と栽培のための製品の展示モザイクの背景になります。
イタリア統一150周年を記念して、王室礼拝堂と女王のレポソワールが特別に開かれます。
4月10日の公園では、リヴォリ市の歴史グループ「サヴォイ貴族」が新しい衣装ショー「昔はイタリアがなかった」を披露します。ロシアのダチア、イタリア統一の150年を思い出すために。歴史的グループ「貴族サバウダ」は、毎年恒例のイベント「ワンスアポンアタイムアキング」の機会に1997年にリヴォリで生まれました。細部にまでこだわった歴史的な服を着て、地域の外でも歴史的なグループの間で認知度と名声を得ることができるプロ意識を持っている約40人で構成されています。
日曜日の午後、温室の前で、ジョカバモコスメのアニメーターが出席します。これは、「過去の」子供たちの遊び場を発見するために一緒に楽しい小さな子供たちとその両親に捧げる活動です。
10から19までの時刻表、入場料2ユーロ。削減:1ユーロ(18〜25年)。 18才未満および65才以上およびトリノピエモンテ博物館カードの所有者は無料です。
市民は、チケットオフィスが置かれる公園の下部にあるマルガリアの中央ゲートから入場するイベントにアクセスできます。公園内には、黒い門から入る有料駐車場があります。このイベントは、悪天候の場合にも行われます。


2011年4月2-3日トリノ


オルトフローラ&ナチュラ
XXIII展示/市場
2011年4月2日(土)と3日(日)に、「オルトフローラ&ナチュラ」と呼ばれるイベントの第23版が予定されています。これは、カッシーナビニャ公園で開催され、園芸および園芸部門と設備および家具で最も重要なピエモンテのイベントの1つです。菜園や庭から。
今年、「Ortoflora&Natura」見本市が地域のイベントとしてピエモンテ地域に認められたため、このイニシアチブは出展者の数だけでなく、提示された製品の品質においても成長することができました。
緑豊かな都市公園では、リグーリア州、トスカーナ州、シチリア島からのピエモンテ各地からの出展者のために、スタンド、スペース、エリアが設置されます。
緑と顕花植物、種子と苗、芳香性ハーブ、山の花、緑のカーペット、庭と公園の家具、菜園と庭のための設備と植物、植物工学と都市の緑、自然食品と環境文学、娯楽のための家具音楽、すべてが今テストされたイベントを味わうために、そして花のニュースと機会のために提示される喜びを発見することに熱心な大衆が続きました。
このプログラムは、過去数年のプログラムにほぼ従い、非常に成功したラバニンとポロのテイスティングを再提案し、第4版に到達しました。
公園内では、イベントに加えて、市民自然史博物館や魚のHat化場も訪れることができ、地域全体からの訪問者を歓迎しています。
イベントに関するすべての情報と説明は、次の番号に電話することにより、展示室からリクエストできます。011/ 9724222-270-334.3040338。


4月1-3日ピサ


FIOR DICITTА。 2011年のピサ
ピサ
旧レオポルダ駅、スコットガーデンと都市
彩り、香水、そして...風味のある花。
4月1日から3日にかけて、斜塔で知られるトスカーナの街は、「Fior dicittà。 Pisa in bloom 2011」、春の任命、植物や花の助けを求めることで存在を喜ばせる千の方法。
イベントの以前のコンテナステーションは、以前のレオポルダステーション、スコットガーデン、市内中心部の通りであり、この機会に花の咲く草原に変身し、低木、芽、種子、それらを治したり栽培したりする機器について学び、購入することができます。キッチンの機能を最適化し、栽培し、治療として使用し、何世紀にもわたってその歴史を知るためのより多くの慣習と詳細な瞬間に。
レオポルダでの日々に参加するショコラティエのポール・デ・ボンデ(生まれはオランダ、養子縁組はピサン)の作品を味わいます。当時シェフが作った花びらやハーブに基づいたレシピの実践的なレッスンを見ることができます。私たちは、菜園と健康、果物と野菜の栄養価、ポピュラーな伝統でポットに入れられた自発的な植物相について話します。イタリアの唐辛子アカデミーは愛の植物を伝えます(クロワッサンからトラブルを追い出し、おいしいまで)。教師と専門家は、栄養と健康の特性に応じて野菜を選択することを教えてくれます。プロジェクト「社会的庭園」は、近年非常に流行しており、具体的であり、ピサ市に根ざしています。耕作することはあなたがより良く生きるのを助けるからです。
「危機の時代に全国民を養ってきた」「戦争の庭」は私たちに教えてくれました。農民と一般人は、最初は工場、そして福祉の到来とともに、畑を放棄しました。しかし、プライドの高まりがゆっくりと再び話し始めています。最後に、ミシェル・オバマが到着し、菜園がホワイトハウスの芝生の上に彼を設置しました。今日、街ではトマトとピーマンもアパートのテラスで栽培されています。庭を採用し、他の人を使って掘り起こし、果物の終わりに戻った人もいます。要するに、庭は大いに戻ってきています。 「市の花。 Pisa in bloom 2011」は、ますますそれを愛するツールを提供します。
この機会に、ピサを通る動脈であるダンテによって称賛されるアルノ川沿いのボートクルーズも開催されます。ツアーは、デボンデティー、ハーブティー、チョコレートで喜ばれます。
営業時間
4月1日金曜日12.00-19.30
4月2日土曜日、午前9時半〜午後7時半
4月3日日曜日、午前9時30分〜午後7時30分
情報:www.pisainfiore.it


4月15〜17日ラストラアシグナ(FI)


Vivai Belfioreは、協会「L'Ape Latina」およびLastra a Signa市の後援と協力して、喜んで発表します。
「ORTI e HORTI」-アマチュアガーデンの春のフェア
ラストラアシグナ(FI)のパルコビバイベルフィオーレの特定の設定で、2011年4月15-16-17日に開催されます。このイベントは現在第3版で、庭園の文化と文化を深め、促進することを目的としており、古代および希少野菜の植物コレクション、地元の野菜や忘れられた野菜の種子、薬用植物のコレクションを展示および販売しています。 、芳香族および野生の食用品種、古代の穀物、多くのヨーロッパ諸国の多くの品種のマメ科植物、数多くのコレクションの古代の果物を忘れずに、古代および現代の庭に常に存在します。イタリア全土の生産者、コレクター、および協会が製品を展示および販売します(苗、種子、教育的で有益な資料、生野菜と乾燥野菜、マメ科植物)。
また今年は、相乗的菜園、バイオダイナミック菜園、有機菜園、自然菜園に関する哲学と栽培技術を深める機会があり、イニシアチブが実施する非常に興味深い社会的および教育的側面を強調しますコミュニティのさまざまな分野での菜園の栽培:学校の教育園、障害者と高齢者のための社交園、放棄された未耕地を回復する方法としての菜園。したがって、菜園はコミュニケーション、社交、学習の手段として。
この目的のために、イベント内でコンペが開催され、家、テラス、またはバルコニーの小さなスペースに配置できる小さな移動可能な菜園の作成に参加するすべての人が参加できます。
いつものように、毎日大人と子供向けの楽しいワークショップが数多くあります。業界で最も経験豊富な人との会議や会議。
ORTIおよびHORTI事務局
場所:ヴァッレ通りを経由してパルコビバイベルフィオーレ、場所。 S.イラリオ
ラストラアシグナ-フィレンツェ
情報と連絡先:tel.fax 0558724166 tel。 3283847235-電話番号3475900869
電子メール:[email protected]


4月3日ブレシア


春は「ブリクシアフローラム」の第2版で街に戻ります
最終版の大成功の後、「ブリクシアフローラム」が4月3日日曜日にブレシアで復活します。この機会に、緑のコルソザナデッリを着る植物と花の市場ショーです。
緑と園芸の愛好家との約束が更新されました。ブレシアーニ、フィレンツェ保育園協会は、ブレシアの自治体と外交センターと協力して、4月3日日曜日にコルソザナデッリで「ブリクシアフローラム」の第2版を開催します。数百種類の季節の品種を展示する19のメーカーのおかげで、色と香りの爆発がユニークに保証されています。
この版には多くの新しい花が咲きます:アナナスの見事な品種、特別な手入れを必要としないカラフルな熱帯植物は、私たちの州の最も重要な生産物の1つです。白から赤。多肉植物と多肉植物のいくつかのコレクション標本もあり、5月から、素晴らしい花を咲かせようとしています。
「Corso Zanardelliのような繁華街を植物や花で豊かにすることは、私たちにとって重要なイベントです-ブレシアーニフィレンツェ協会の新しい会長であるMarco Lonatiは、地元の作品の展示と販売だけでなく、私たちの専門家との対決を通じて、緑に対する市民の感受性と愛を刺激し、高めるために。」
ブリクシアフローラムは、9月の1か月間、ドゥオーモ広場を素晴らしい庭園に変えるイベントのほんの一部です。
C.so Zanardelliでの4月3日日曜日の10.00から20.00までの予定。詳細については、ウェブサイトwww.florovivaistibs.itにアクセスするか、030 3534008/335 7708829に電話してください。Facebookページwww.facebook.com/eventiverdibrescianiもあり、ニュースやイベントについていつでも更新できます。緑に捧げます。


2011年4月15〜17日Colorno(PR)


Giglioのサインの中で、それは成熟し、セクターにおけるヨーロッパのリファレンスショーとしての役割を再確認します。園芸市場の展示のそれは、非常に高品質のイニシアチブではありません。
パルマ近郊の壮大なコロノ宮殿公園が主催するイベントの日程は、今年の4月15日、16日、17日までに延期されます。
パルマの展覧会とヨーロッパを代表するイベントである「Les journees des plantes de Courson」とのつながりが確認され、さらに強化されました。今年、RHSチェルシーフラワーショー(世界で最も重要なフラワーショー、エレガントなチェルシー地区のロンドン中心部で開催され、カルロス王子が就任)の際に、エリサミゴネとイザベラジェミニャーニ、 Colornoのイベント、彼らはイタリアの愛好家に自分自身を知らせるためにリリーのサインで選択する海外の主催者と出展者との新しい関係を確立しました...
いつものように、Colornoの花、植物、家具、アクセサリーの素晴らしい展示会には、多数の等しく選択された付帯イベントがあります。
アルトゥール、コロルノ市、パルマの地方行政は、このレビューを再びイタリアからだけでなく、公園の豪華な地域にいる海外からの愛好家の聴衆のための詳細な研究の機会にするために再び提携しましたdella Reggiaは、緑を楽しみ、独自のコレクションを実装するための理想的なコンテキストを見つけます。
ジリオのサインでは、パルマ州とコロルノ市によって促進され、アルトゥールによって組織されています。
展示会のスケジュール:4月15〜17日の午前10時から午後7時まで入場ユーロ7。
展示会に関する情報:AR.TU、tel。 0521.282431-0521.235708
観光情報:IAT Colorno、tel。 0521.313336; IATパルマ、電話。 0521.218889;パルマポイント、tel。 0521.931800


4月21日5月1日ジェノヴァ


カラフルな提案とエンボスアロマ:SBFLCIA EUROFLORA 2011「秘密の庭」は、ジェノバフィエラの隣で4月21日から5月1日まで公開されます。
生物多様性を保護する方法を学ぶための緑豊かな庭園
Palasportでは、5つの自然の生息地を横断する道があります
国際性の高いエディション
特別ゲストゲントの王立農業園芸協会
世界中からのオペレーターの存在は多数あります
500を超える技術および審美的なコンクールで賞金42万ユーロ
ジェノバの見本市地区を開花させる準備ができているユーロフローラの魔法のような豊かな雰囲気は、4月21日から来年5月1日までの5年後に時間通りに戻ります。イベントの歴史で10番目の2011年版は、5つの異なる大陸から来た植物、色、エッセンスで作られたユニークで非常に示唆に富むショーであり、世界中のオペレーターや愛好家を常に惹きつけることができます。
複雑で細心の注意を払った建設作業の終わりに、フィエラディジェノバは、豊かな庭の扉を開き、強烈な香りと無限の色のニュアンスで訪問者を酔わせます。パビリオンCのイベントの中心であるパラスポーツに加えて、2009年にジャンヌーベルが発足した新しいブルーパビリオンは、2万平方メートルの面積で初めて貢献します。色、反射、自然の香りの影響で、海の上。
ユーロフローラは地中海で最も権威のある国際園芸イベントであり、屋内で最も重要であり、研究から交配まで、切り花から葉状体まで、鉢植えから樹木栽培まで、園芸から造園まで、セクターのすべての特異性を示しています。 AIPH-Association Internationale des Producteurs Horticolesによって認識され、AIF-Association of International Floraliesの一部です。
ユーロフローラのすべてのエディションの主なテーマである「生物多様性」は、集団参加によって、個々の生産者である特定の環境と領土の「大使」によって直接開発され、2011年には新しく、より広く、より多面的なバリエーションを持ちます。大きな円形のエントランスパビリオンであるパラスポーツの一部では、砂漠、地中海のスクラブ、湖、熱帯林、ガイド付き自然の5つのバイオタイプが忠実に再現されます。多肉植物からサボテンまで、エキノイドからヤシの木立のあるオアシス、大きなツツジへ、ガッルーラ花崗岩の背景にある何世紀も昔のオリーブの木から、ブーゲンビリアの色の爆発から、バラ園からシダまでの大きなレモン標本まで庭から。各生息地は、イニシアチブの教訓的な機能を見失うことなく、これらの驚くべき自然な「スプリット」を公開し、訪問者の美的感覚に話すために協力する複数の生産者の仕事と共同経験の結果です。 、近くおよび遠くの領域の非生物的および形態学、観察者にそれらを生き、保護し、保護する方法を教える。不思議と知識の間のこの旅を完了するには、特定の植物のセットを持つ植物園の存在を、その起源と機能で説明します。パビリオンの最初のリングには、貴重な盆栽のギャラリーがあり、市営庭園の存在を追っています。
イタリアの投資
Euroflora 2011は、領土の典型的な特徴を再発見するために、北から南にかけて、半島の花生産の卓越した生産性をたどる旅です。 Valle d'Aosta、ピエモンテ、ロンバルディア、地域集団、Lariano地区、リグーリア、ピストイア花園地区のトスカーナ、マルケ、ラツィオ、カンパニア、プーリア、サルデーニャから2つの企業プールがあり、シチリアをデビューし、カラブリア。リグーリアには、ジェノヴァ州、ジェノヴァ、コゴレート、ラパッロ、サンレモの市町村もあります。卓越性の向上にもっと気を配る展示プロジェクトに刺激された個々の参加は大きな価値があります。初めてトルサンロレンツォ保育園、ポルチェッラート保育園、リゲッティ保育園、ロマネッリ保育園がイベントの歴史的な名前とともに直接ユーロフローラに参加しますバルバザ盆栽、バルニローズ、サボテンマニア、デルカガーデニングセンター、ビバイカスタニョ、クレスピ盆栽、フランキ盆栽、オスカーティントリ、ビバイトリオ、ヴィアレッジョの花市場など。そして、アルテラーメ、I Giardini di Maggi、Vivai Glorio、Rosanova、Giromagi、Riviera Cactus、Azienda Agricola Zunino。報告される機関投資の中で、初めて、農林水産政策省、Cia、Coldiretti、Confagricoltura、Assoverde、Garden Club、ジェノヴァ農業研究所、海洋保護区の存在ポルトフィーノの。
オリオカルリは、有名なインペリアオリーブ博物館の断面と果樹園と庭園の大通りに沿った緑地で、ユーロフローラでの100周年を祝います。同じ通りは、メディアと専門雑誌専用のギャラリーに隣接しています。
ユーロフローラの世界
例外的な特別ゲストのおかげで、イベントの国際化率は大幅に向上しています:歴史的なフローラリーの主催者であるゲント王立農業園芸協会、ベルギーのゲント市が1808年から開催している花の展示会、 2010年4月に重要なコラボレーション契約を締結しました。
したがって、ベルギーとその苗床生産の卓越性は、Sパビリオンの中心にある1500平方メートルのスペースの主役になります。手前には、国の生産の卓越性:ツツジがありますが、モザイク文化の魅力的な世界にも特に注意が払われます。ベルギーに加えて、2ヶ月以上前に発表された外国の持ち株は、フランス、フィリピン、エクアドル、ドイツ、赤道ギニア、インド、モーリシャス、オランダ、ルーマニア、サンマリノ共和国、米国、台湾、ハンガリーからのものです。 AIF-Association of International Floraliesは、ヨーロッパの花のサーキットを代表します。
時刻表と価格
Eurofloraは、次の時間に一般公開されます。4月21日木曜日から5月1日日曜日、08.00から23.00。現金デスク閉鎖:22.00
チケットの全額は20.00Ђ、18.00 16.00 after以降です。 6歳から14歳までのお子様のチケット価格は10.00ユーロですが、5歳までのお子様の入場は無料です。
詳細については:
フィエラディジェノバスパ
www.euroflora2011.it-tel。 + 39010 53911


2011年4月9〜10日


クサゴの「タイムレスガーデン」:
新版、たくさんのニュース
4月、園芸園芸展のV版を介して
ヴィスコンティ城の歴史的な設定で
2011年4月9日(土)と10日(日)にクサゴで開催される「タイムレスガーデン」は、プロロコクサゴが市政と協力して開催した緑の愛好家を対象とした花fifth展の第5版です。名前は、カステロヴィスコンテオを囲む牧草地の歴史的な場所を維持し、その機会のために中庭を非常に一般に開放します。
したがって、クザゴは、イタリア全土とプロヴァンスから来て、彼らの最高の生産物を発表する準備ができている優秀な保育士を2日間ホストする準備をしています。参加者の間で新しいテーマのイベントの提案も、サウスパークの領土の強化に特に注意を払って。
前の版のように、展示会は、骨and品やオーガニック製品の伝統的な市場に挟まれ、ポップになります