ガーデン

フォティニアの剪定


質問:3月に肌をトリミングできますか?


私は、11月にVASO 1MT X40 X40 N°3植物Xのナナフォティニアに植えました。3月の終わりにそれらすべてを作り、ヨウ素ベースの製品の植物をスプラッシュすることをお勧めしました。それは良いですか?こんにちは、ありがとう

恐怖症の剪定:回答:恐怖症を取り除く時期


親愛なるファビオ、
フォティニアは3月に剪定されて、形成された生け垣を維持します。あなたのものは11月から家にあり、またalso小種です。したがって、高さ3メートルの生け垣を準備するつもりはなく、あなたの植物は11月からこれまでのところ、彼らはあまり開発していません。したがって、開花後にそれらを剪定したい場合は、開花後にそれらを安全に待って剪定し、明るい新葉を生成する新しい芽の急速な発達を刺激することができます。フォティニアは一般的に、秋でも新しい芽を楽しむために夏の終わりに剪定されます。その後、それは冬の終わりに少し無精ひげを与えますが、超えずに、またはすべての花も削除されます。したがって、春には植物は非常に多くの葉と非常に少ない花しか生産しない傾向があります。
ヨウ素ベースの製品を勧めた人たちが何を意図していたかはわかりません。庭でこの物質を使用しないでください。あなたが本当に真菌に対する予防治療を実践したい場合、一般的に予防治療をしなければならないような方法で真菌疾患の影響を受けていなくても、銅ベースの殺菌剤を使用することができます。
むしろ、春が非常に湿っている場合は、アブラムシに注意を払ってください。彼らは除虫菊またはイミダクロプリドに基づく製品と戦っていますが、植物にアブラムシが見られる場合にのみ使用し(予防方法としてではなく)、庭に顕花植物がない場合にのみ使用します。そうでない場合は、アブラムシも殺します庭に存在する有用な昆虫。